脱毛サロンと医療脱毛について

脱毛サロンで脱毛
脱毛サロンで全身脱毛とかしてもらってたんですが、その甲斐あって自己処理はほぼしないで済むようになっていたのですが、人間って欲張りなものでそうなると今度は、永久脱毛出来たらなあとか心積もりてしまうんですよね。

なので永久脱毛について調査したら、結局医療脱毛でやるしかないと言う事でした。

何か医療って言われると病みたいで多少引いてしまうんですが、サロンって言うと女子力高いのに、医療って言うと何となく心の内的にリッチ感が無いと言うか。

でもまあ、そこは少しばかり抑えて諸々と調査してみたんですが、医療脱毛専門のクリニックだと現実にサロンみたいなムードの所もあるんだと、改めて知りました。

その上お値段的にも、サロンと変わらないじゃないですか。

これで永久脱毛可能なんなら、かなりリーズナブルではないだろうかと思ったのと、医療と言うからには医者が管理してくれるんだと言う心配無用感もあって、脱毛専門のクリニックに行ってみる事にしました。

レーザー脱毛はいささか痛さが強いと聞いていたので、そこが気がかりだったんですがと言うか怖かったんですが、思っていたほどでは無くて。

結構決心していったせいか、あらこの程度の苦しみなんだ、程度で済んでしまいました。

終わった後の肌のケアもしてくれたし、何よりサロンより予約が取りやすいので助かっています。

つくづく、食わず嫌いはいけないなあ、と感じたのも事実でした。

永久脱毛終わるまで、頑張ります。

脱毛した後のあれ

私は脱毛サロンに一年以上通ってワキの脱毛をしました。

おかげでワキはだいぶ綺麗になったのですが、苦労したのはワキの臭いです。

ワキの毛が無くなった事で、汗の臭いが前以上にくさくなりました。

どうやらあの毛も必要ないなものではなかったようです。

そんな訳で私がワキのにおい対策に使っている商品をご解説します。

■ペリカン石鹸の柿渋石鹸
ドラッグストアで数百円で調達可能なリーズナブルな石鹸です。

柿渋石鹸はにおいに影響があると著名な商品です。

様々なメーカーから出ていますが私はペリカン石鹸が好きです。

値段が安いのと、泡立ちがいい事が気に入っています。

これでワキをちゃんとゴシゴシ洗うとスッキリしますしにおいが抑えられるように感じています。

■デオナチュレのソフトストーン
塗るタイプの汗を抑制するグッズです。

ミョウバンの力で、汗のにおいを裁断してくれます。

これを利用しスタート出来てからは見事にワキのにおいがしなくなりました。

冬場でも定期的使っています。

コスパがいいのでわりと無くなりません。

一年以上同じものを使っていますね。

これなしでは外出できないってくらい愛用しています。

これの前にはバンから出ている似たような商品を使っていましたが、対比にならないくらいこちらが優れています。

脱毛後のワキのにおいは苦しみのタネですよね。

良かったら使ってみてくださいね。

脱毛に勤しむ女性

脱毛サロンに行って良かった

脱毛をした後の女性
真夏の暑いポイントになるとショートパンツを履くようになるのでムダ毛が目立ってしまいます。

すね毛を処理していないと周囲の人に感触を悪くしてしまうのでカミソリで処理したり、ハサミでカットしたりしていましたが、肌にダメージを与えてしまったり炎症が起こってしまったりするので自己処理をするのはあまり良くないと感じるようになりました。

それですね毛を自己処理するのは止めて脱毛サロンに通って脱毛の施術を受ける事にしました。

脱毛サロンで脱毛の施術を受ける前に心理コンサルティングが行われて施術の解説や肌の様子の参考にが行われました。

施術の解説は大抵採用されている光脱毛の解説で出力の弱い光を毛根に照射していくので肌に優しいというのが主な趣旨でした。

さらに照射する光はメラニン色素に反応するという事で日焼けして肌が黒くなってしまうと脱毛が出来なくなるという解説を受けて日焼けはしないようにと指示をされました。

なお肌の様子はわりと正常でしたので特に問題ないと言われました。

施術は3回に区分て行われて照射する光が弱いため痛さがおおかた出ませんでした。

それ故肌トラブルが起こる事もなかったのですね毛を麗しいに脱毛して処理する事が出来ました。

施術後は肌に熱を帯びた状況でしたので充分にお手入れをしてくれました。

なお施術を受けてから数日間は体を温めないように指示されたのでお風呂に入る事が控えてぬるめのシャワーで済ませました。

それ故施術後でも肌にトラブルが起きる事がなく美しいになったので脱毛サロンに通って脱毛の施術を受けて良かったと考えました。

国外の脱毛事情

脱毛サロンに通う女性
日本では、男性でも女でもそこそこ脱毛文化というものは定着してきているのでありますが、外国でも脱毛文化というものは影響しています。

 ただし、その様相は日本とは大差異だそうです。

一体如何なる感じで違うのでしょうか?1 欧米や米国ではVIOラインの脱毛は自然 日本との大きな相違でよくあげられるのは、欧米ではVIOラインを充分にと処理するのが一般的だという事です。

それ以外のところは国によってそっていたりいなかったりとまちまちでありますが、ここのところだけはほぼ共通して脱毛や無意味毛処理をしているようです。

 他のところに寛容であってもこのところだけは意識が高いため、少々変わってるなというのがフィーリング的です。

2 アジア圏では脱毛意識はまちまち アジア圏でスト、案外脱毛文化はまちまちです。

韓国ですと、美容整形も発達している事からか脱毛の意識も強いですが中国ですとそこまで脱毛意識はなく、わき毛も生やしている女子が多々あるです。

 インドでは昔から脱毛の意識が高く、台湾でも最近では脱毛意識が高まってきているところがあるようです。

3 イスラム圏もことのほか脱毛意識は高い イスラム圏については、宗教で体毛処理をするようにする事が進められており、その事によって男女とも毛をそる事になっています。

卑下とかを蓄えていたり、肌の露出が少ないからという所以であまり気にしてなさそうな印象ですが、意外にもそります。